スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スノースクートやそりをレンタルで楽しむ!

スノーモト、ミニリュージュ、スノーレーサー


家族や友人同士でスキー旅行。
普通にスキーやスノボもいいのですが、
ちょっと変わったゲレンデのレジャー用品を紹介します。

なお、こちらで紹介するアイテムは、すべて下記のサイトでレンタル可能です。
DMMいろいろレンタルはこちら

まずは、ファミリー層におすすめなのが、
そり(スノーリュージュ)やスノーレーサー。

下の写真はスノーレーサー。
かわいい形がとってもステキ。
その上、親子二人で滑ることができます。
ゲレンデの子供たちが羨ましがること間違いなしのアイテム。

スノーレーサー

続いて、こちらも子供から大人まで楽しめる
スノールージュ(小型そり)。
ハンドルと体重移動でターンをできます。
変わった形でインパクト大。

リュージュ

最後は、大人がハマってしまうスノーモトとスノースクート。
こちらは、ハンドル操作とリアの体重移動で
曲がることができます。

百聞は一見にしかず、スノースクートの動画をご覧ください。



スピードが乗ってくると、
かなり飛ばせるのがわかるかと思います。

自転車を運転するのに近い操作感覚もあるため、
スノボやスキーよりも簡単にコツを掴むことができます。
まだ、ゲレンデでほとんど見かけないので、
注目を集めること間違いなし。
ただし、一部のスキー場では禁止されているところもありますので、
事前にスキー場のホームページを
確認するのを忘れないようにしてください。

スノーモト

ハンドルの高さを調節できるタイプなら、
子供でも使用できます。

ウエアは、スキー、スノボのもので問題なし。
グローブは、ハンドルを握るので、
ステッキを握るように作られているスキー用がおすすめ。
ブーツは安全上スキーのものはNG。
スノボのものなら問題なしです。
普通の靴でも大丈夫なのですが、
スキー場だと濡れたり、寒かったりするので、
やはり、スノボのものがベター。

これらの雪レジャー用品は購入すると高いので、
レンタルがおすすめです。
借りてしまえば、自宅の収納スペースもとりません。

DMM.comいろいろレンタルは、
スーツケースや家電などあらゆるものを扱うレンタルショップ。
5日間でミニリュージュは2,000円程度、
スノースクート、スノーモトは6,000円前後です。
レンタル日数は都合に合わせて選べ、
1日単位で料金は変動します。

荷物が到着してから、
集荷に来てもらう時までがレンタル日として計算されます。
送料は、集荷(返却)も含まれた往復になっていますが、
現在は送料無料キャンペーンをやっています。
こちらは、いつ終了になるかはわかりませんので、
公式サイトにて確認をお願いします。

DMMいろいろレンタル(公式サイト)

冬の旅行といえば、温泉かスキー。
ゲレンデがなくても、
雪の積もったところに遊びに行く機会があれば、
そりや、スノースクーターは遊べますので、
挑戦してみてください。

コメント

非公開コメント

singingbowl

これまでに28ヵ国を旅行しました。おすすめ遺跡は、アンコールワット(カンボジア)、ペトラ遺跡(ヨルダン)、ティカル遺跡(グアテマラ)。美しかった街は、グアナファト(メキシコ)、イスタンブール(トルコ)、ヴェネチア(イタリア)。愛してやまないのは、インドとアルゼンチンと日本!? 

サイト運営者

singingbowl

Author:singingbowl
これまでに28ヵ国を旅行しました。おすすめ遺跡は、アンコールワット(カンボジア)、ペトラ遺跡(ヨルダン)、ティカル遺跡(グアテマラ)。美しかった街は、グアナファト(メキシコ)、イスタンブール(トルコ)、ヴェネチア(イタリア)。愛してやまないのは、インドとアルゼンチンと日本!? 

このサイトへの旅行者

全記事表示リンク

Flashリバーシ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。