スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界一周ブログのホームページの作り方

バックパッカーの中には、世界一周ブログをつくるひともいらっしゃいますよね。
このホームページづくりで重要なのが検索で上位に上げるテクニックと、サーバー選び。
そこで、この記事ではこの2点を中心にまとめたいと思います。

まずはサーバー選び。
アメブロなど無料ブログを使用する人は、この部分は読み飛ばして大丈夫です。

世界一周ブログのサーバーを選ぶ際の基準は、次のようなものではないでしょうか。
  1. 料金の安さ
  2. 画像をいっぱいしても耐えられるだけのスペック
  3. 世界中で更新できる安定感

料金の安さについてですが、初めてサーバーを借りる人は、料金の目安・相場がわからないと思います。

これは、どのくらいの更新頻度で、どのくらい写真を載せて、どのくらいの訪問者(ページを見にきてくれる人)があるかによって変わってきますが、
通常、月額500円もあれば十分ではないでしょうか。

そこでおすすめのサーバーがさくらサーバー。
このサーバーには100ギガの容量で(=写真も安心w)、月額515円ほど。
MySQLもあるので、ワードプレスでブログを作りたい人もOKです。

さくらサーバーは安定感も抜群で、アクセスしてサーバーがつながらないというトラブルも滅多にありません。
バックパッカーが世界一周ブログを公開するとなると、アフリカやアジアなど様々なネット環境を利用すると思いますので、
作業していてイラッとするサーバーはやめましょう。
FTPで、いつまでたってもアップが終わらないという、地獄の思いをすることに。

また、さくらサーバーを利用すると、サブドメインというのを利用できます。
このサブドメインがあれば、ドメインを購入しなくて済みます。
つまりドメイン代はただ。
しかも、さくらサーバーのサブドメインはSEOに強いので、検索上位にヒットしやすいというメリットも。

SEOというのは、例えば、「世界一周ブログ」で検索した時に、
Yahoo!やGoogleで、ズラッと並びますよね。
その上の方に表示するための対策をSEOと呼びます。

「世界一周ブログ」で上位に表示されなくても、
「イスタンブール 安宿 おすすめ」とか「マチュピチュ 歩いて行くには」など、
様々な検索キーワードを拾ってくれるといいですね。
それには、さくらサーバーのサブドメインを利用するというのもひとつのテクニックです。

また、更新頻度を上げる。ページに記述する文字数を増やす。
記事に具体的な名詞や関連することをたくさん登場させるなどのテクニックがあります。
写真が多いのもいいです。
Googleは、このページがなんについて書いているのかを読みにきます。
もし、インドのヴァラナシについて書いているのであれば、
ガンガー、マニカルニカーガート、死体、不浄の地、ベンガリートラ、プジャ-、クミコハウス、
ゴードリヤー交差点、ラームナガール城、サールナート、沐浴、朝日、ボート、…
こうした言葉がたくさん出てくると、Googleも、ヴァラナシに関する記事とわかりやすくなります。
また、ヴァラナシで引っ掛けたいなら、この言葉も多数登場させましょう。

「今朝、ガンガーで沐浴した」
くらいの3行くらいの記事で、写真が3枚くらいあっても、記事としての評価は高くありません。
これだけで決まるわけではありませんが、情報量と、情報の質の高さが重要です。
これらに、他の人が書いていないマニアックなコンテンツが含まれると、さらに効果的です。

というわけで、世界一周ブログを書く人は、上記を意識してください。
ちなみにこの記事も「世界一周ブログ」という言葉を意図的に多く増やしています。
ただ、世界一周ブログと通常、併記されるような、航空券、ランキングについてなど書いていないので、
どう評価されるかは微妙ですが、もし、バックパッカーのあなたが読んでくれているなら、多少の効果はあったということです(笑)

コメント

非公開コメント

singingbowl

これまでに28ヵ国を旅行しました。おすすめ遺跡は、アンコールワット(カンボジア)、ペトラ遺跡(ヨルダン)、ティカル遺跡(グアテマラ)。美しかった街は、グアナファト(メキシコ)、イスタンブール(トルコ)、ヴェネチア(イタリア)。愛してやまないのは、インドとアルゼンチンと日本!? 

サイト運営者

singingbowl

Author:singingbowl
これまでに28ヵ国を旅行しました。おすすめ遺跡は、アンコールワット(カンボジア)、ペトラ遺跡(ヨルダン)、ティカル遺跡(グアテマラ)。美しかった街は、グアナファト(メキシコ)、イスタンブール(トルコ)、ヴェネチア(イタリア)。愛してやまないのは、インドとアルゼンチンと日本!? 

このサイトへの旅行者

全記事表示リンク

Flashリバーシ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。