スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『みんなの機内食』をパラパラ眺める至福

なにげにハーゲンがうらやましい。。。



書店でみつけて速攻で心躍りました。

『みんなの機内食』
機内食ドットコム Rikiya
翔泳社  1728円

こちらの書籍は人気サイト
「機内食・ドットコム〜機上の晩餐〜にようこそ!」
http://www.kinaishoku.com/
に寄せられた投稿写真とデータをまとめた一冊。

著者(編者?)のRikiyaさんは「機内食・ドットコム」の主宰の方です。

「機内食・ドットコム」公式ホームページによると、2015年1月現在で
世界195航空会社 7,280機内食を収録
掲載写真数20,221枚
投稿者数3,421名様
年間アクセス数 1,180万PV

を誇るそうです。

アマゾンなどのレビューを見ると、諸々問題や賛否両論あるようですが、
機内食を見るだけでテンション上がる私などは、
ともかく手元に置いて、仕事の合間なんかにパラパラ眺めたいなと。
私にとってその感覚は、「ネットで見ても同じ」ではないですね。

この本を眺めて驚いたのが、日本(ANAなど)の機内食。
私は海外を転々とする旅行が多かったので、
日本がからむ飛行機って最初だけなんですよね。
その時はタイ行きで、牛丼でした(笑)。

でも『みんなの機内食』を眺めていると、
ANA便だと、幕の内弁当のような美しいお弁当から、お寿司、
食後にハーゲンダッツまで出ているじゃないですか!

ハーゲン、別にいつだってコンビニで買えるんですけどね。
機内食で出たらちょっとラッキー感ありますよね。
いずれにしてもタイなどの近場じゃ出ませんね。
欧米ですね。

ダウンタウンの松っちゃんは、
機内食に違和感あるっていつも主張されていますよね。
「なんでわざわざ空の上で食事せなあかんねん!」と。

その気持ちもわかります。

長時間のフライトなので、ヒマだからなんでしょうね。
それに人は空腹になると怒りっぽくなりますから、
それを防いでいるとか?でしょうかね。

次に食べる機内食は、どこ行きの便になるのでしょうか。
う~ん・・・。


■関連記事■
そそられる旅の雑誌「TRASIT」、でも売り切れに注意!
旅と写真を考える~『撮り・旅! 地球を撮り歩く旅人たち』~
旅の本屋「BOOK246」閉店

コメント

非公開コメント

singingbowl

これまでに28ヵ国を旅行しました。おすすめ遺跡は、アンコールワット(カンボジア)、ペトラ遺跡(ヨルダン)、ティカル遺跡(グアテマラ)。美しかった街は、グアナファト(メキシコ)、イスタンブール(トルコ)、ヴェネチア(イタリア)。愛してやまないのは、インドとアルゼンチンと日本!? 

サイト運営者

singingbowl

Author:singingbowl
これまでに28ヵ国を旅行しました。おすすめ遺跡は、アンコールワット(カンボジア)、ペトラ遺跡(ヨルダン)、ティカル遺跡(グアテマラ)。美しかった街は、グアナファト(メキシコ)、イスタンブール(トルコ)、ヴェネチア(イタリア)。愛してやまないのは、インドとアルゼンチンと日本!? 

このサイトへの旅行者

全記事表示リンク

Flashリバーシ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。