スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

格安航空券、片道(海外)で一番安いのはここ!

燃油サーチャージと手数料もチェック!


片道の格安航空券が欲しい場合、どこが一番安いかについてまとめてみました。

そもそも格安航空券は、航空会社が団体旅行用に販売したチケットを、
旅行会社がバラ売りにしているもの。
デメリットといえば、変更や払い戻しがきかず、
マイレージもつかなかったり低かったりすることです。

でも、多くの人にとって、日程や行き先の変更は起こりえないでしょうし、、
マイレージなんて、それほどあてにしていないと思います。
だから、やっぱり格安航空券はありがたい存在ですよね。


さて、片道・往復問わず、格安航空券を取る時に注意しなければならないのが、
燃油サーチャージと手数料(手配料金)。
ほとんどの格安航空券販売サイトで、
はじめの一覧画面で表記されている金額は、航空券の値段のみ。
空席照会をして、オンライン予約を進めていかないと、
燃油サーチャージと手数料の金額はわかりません。

燃油サーチャージ、手数料込み
例)26,400円のはずの航空券も、諸費用が含まれると料金はこうなります


燃油サーチャージは、行き先ではなく、航空会社によって設定料金が異なります。
ですので、販売サイトで、A航空:39,000円、B航空:41,000円とあった場合は、
41,000円のB航空もチェックしたほうがいいかもしれません。
燃油サーチャージを含めて計算したら、逆転する可能性もあります。
ちなみに、人気の航空会社ほど、高く設定していることが多いようです。

それから、手数料(手配料金)も注意。
この手数料について、簡単に説明しますと、
2008年以降、航空会社は旅行会社に支払っていたコミッションを、
相次いで廃止しました。

ものすごく格安な航空券を売っても、旅行会社に利益が出ていたのは、
コミッションが支えてくれていたからなのです。
ですが、これがなくなってしまうと、お客さんから取るしかありません。
そこでできたのが、手数料というわけです。
相場は、3,150円~5,250円ほどのようですので、
3,150円の旅行会社を選ぶと良さそうですね。

以上の点も踏まえつつ、一番おすすめはどこかといえば、イーツアー。
片道はもちろん、往復も安いです。手数料(手配料金)も3,150円。

海外格安航空券の24時間自動予約 イーツアーはこちら

どれくらい安いかは、実際にサイトをみて比較してみてください。
片道の格安航空券を扱う旅行会社を3つも較べてもらえれば、
おそらく、最安値クラスで販売しているところだとわかると思います。

比較的、空席照会などの結果も早く表示されますし、
希望の日程の航空券が満席ばかりで見つからない場合は、
満席と表示された画面で(下図参照)、
「とにかく、空席を今すぐ予約したいという方はこちら」
のボタンを押してみてください。
スケジュール優先で、安い順にPEX航空券が並ぶようになっています。

とにかく、空席を今すぐ予約したいという方はこちら

コメント

非公開コメント

singingbowl

これまでに28ヵ国を旅行しました。おすすめ遺跡は、アンコールワット(カンボジア)、ペトラ遺跡(ヨルダン)、ティカル遺跡(グアテマラ)。美しかった街は、グアナファト(メキシコ)、イスタンブール(トルコ)、ヴェネチア(イタリア)。愛してやまないのは、インドとアルゼンチンと日本!? 

サイト運営者

singingbowl

Author:singingbowl
これまでに28ヵ国を旅行しました。おすすめ遺跡は、アンコールワット(カンボジア)、ペトラ遺跡(ヨルダン)、ティカル遺跡(グアテマラ)。美しかった街は、グアナファト(メキシコ)、イスタンブール(トルコ)、ヴェネチア(イタリア)。愛してやまないのは、インドとアルゼンチンと日本!? 

このサイトへの旅行者

全記事表示リンク

Flashリバーシ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。